弁護士に相談すれば安心

債権回収に困った時には、弁護士に相談すれば安心です。弁護士に相談すると費用が必要です。多くの場合に着手金と成功報酬が必要で、成功報酬は回収した売掛金の一定割合を支払う事が一般的です(法律事務所によっては着手金無料の債権回収プランもあります)。費用が掛かる事に懸念があるかも知れませんが、弁護士に相談する事には多くのメリットがあります。

まず第一に、精神的な負担が軽減されます。債権回収は、心身ともに苦労するものです。特に気疲れしてしまうことが多くあります。この苦労を弁護士が引き受けてくれるのは、大きなメリットであるといえます。

そして、弁護士が代理人となることで、債権回収を有利に進めることができると考えられます。弁護士がつくことで、債務者は請求に応じないと厄介なことになると思い、請求を行う場合が多くあるのです。そのため、よりスピーディーに債権回収ができるようになるといえます。

さらに、状況に適した問題解決法が分かります。弁護士は法的処理・問題解決のプロです。迅速に的確な判断を下し、債権者にアドバイスしてくれます。また、法的手続きをしなければならなくなったときにも、弁護士を代理人として裁判を行うことができます。

このように弁護士に相談すると多くのメリットがありますから、費用を掛けてでも弁護士に相談しましょう。

自分でもできる

債権回収には様々な方法がありますから、自分で実行する事もできます。そのメリットはやはり、費用が掛からない事です。費用が掛かりませんから、ある方法で効果が出ないならばすぐに別の方法に切り替える事が可能です。とにかく自分で債権回収を実行する場合、長期化だけは避けなければなりません。しかし、自分だけでの債権回収には長期化以外にもデメリットがあります。

まずは、専門家を頼らずに債権回収する際のデメリットです。まずは自分への精神的負担が大きい点です。債権回収に集中しないと速やかに回収できませんから、本業がおろそかになってしまいます。また、専門家ではないので状況に適した回収方法が判断しづらいです。方法を間違えると結局損するのは自分ですから、慎重に考える必要があります。しかし慎重に考えると、債権回収に時間が掛かってしまいます。

そして債務者にかかるプレッシャーが弱い点です。この場合、債務者は第三者が登場しない限り、なかなか支払いに応じてくれないでしょう。加えて、「他の債権も回収し難くなる」、「融資が受けられなくなる可能性がある」というデメリットがあります。いつまでも弁護士に頼らないと、外部から「何をやっているんだ」と信用されなくなるからです。

債権回収について

債権回収の詳しい説明に移る前に、まずはその言葉の定義を説明します。「債権」とは、「債権者が債務者に対して、一定の債務者が当然行うべき行為を求める事ができる権利」を指します。「当然行うべき行為」とありますが、一般的には「未払いの代金を支払う事」を指します。つまり「債権回収」とは、「こちらに対して未払いである代金を回収する事」を意味しているのです。

債権者が債権回収を実行する場合、その方法にはいくつかのパターンがあります。そのパターンを大別すると、債権者と債務者が交渉すること、法的手続きをとること、そして弁護士に相談するの3点となります。前者のパターンほど「自分で解決する」、後者のパターンほど「専門家に頼る」回収方法です。また前者のパターンほど「費用が掛からない」、後者のパターンほど「確実に解決できる」というメリットがあります。

債権回収を自分で実行する場合、最も簡単なやり方は当事者同士で交渉する事です。場所は自社でも相手の会社でも構いませんし、最初は電話での交渉から始めても構いません。とにかく費用が掛かりませんから、次から次へと色んな方法を試す事ができます。

しかし、専門家に頼らない債権回収はしばしば長期化します。何故かと言えば債権者の最終的な主張は「支払え」、債務者の最終的な主張は「支払えない」に行き着きますから、議論が平行線を辿って決着しないのです。債権回収は速やかに終えないと自社の経営に与える影響が大きくなっていきますから、困ったらすぐに弁護士に相談しましょう。費用が掛かりますが、それは「必要経費」と割り切るべきなのです。