債権回収には様々な方法がありますから、自分で実行する事もできます。そのメリットはやはり、費用が掛からない事です。費用が掛かりませんから、ある方法で効果が出ないならばすぐに別の方法に切り替える事が可能です。とにかく自分で債権回収を実行する場合、長期化だけは避けなければなりません。しかし、自分だけでの債権回収には長期化以外にもデメリットがあります。

まずは、専門家を頼らずに債権回収する際のデメリットです。まずは自分への精神的負担が大きい点です。債権回収に集中しないと速やかに回収できませんから、本業がおろそかになってしまいます。また、専門家ではないので状況に適した回収方法が判断しづらいです。方法を間違えると結局損するのは自分ですから、慎重に考える必要があります。しかし慎重に考えると、債権回収に時間が掛かってしまいます。

そして債務者にかかるプレッシャーが弱い点です。この場合、債務者は第三者が登場しない限り、なかなか支払いに応じてくれないでしょう。加えて、「他の債権も回収し難くなる」、「融資が受けられなくなる可能性がある」というデメリットがあります。いつまでも弁護士に頼らないと、外部から「何をやっているんだ」と信用されなくなるからです。